ライフカードのキャッシングと海外利用方法

キャッシングの方法には、銀行や消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング機能があります。この記事では、ライフカード(LIFE CARD)でキャッシングする方法について解説します。

ライフカードとは

ライフカードは、アイフルの完全子会社「ライフカード株式会社」が発行するクレジットカードです。

年会費は、オーソドックスなタイプのライフカードに加え、ライフVisaカード、ライフMasterCard、ライフJCBカード、家族カード、ETCカードなども含め全て無料です。

充実したポイント制度が最大の特徴で、「LIFE サンクスプログラム」はクレジットカード最高峰とも言われています。

LIFEサンクスプログラムの特徴

  • 初年度1年間はポイント1.5倍
  • 誕生月はポイント3倍
  • ステージクリアによって次年度基本ポイントが1.5倍~2倍にアップ
  • 年間50万円の利用で300ポイントプレゼント
など

たまったサンクスポイントは、最長5年間有効です。提携するネットショップ「L-Mall(エルモール)」で使える他、様々な商品に交換可能です。

他には、電子マネー(楽天Edy、nanacoなど)へのチャージや、海外旅行での日本語アシスタンスサービス「LIFE DESK」にも使えます。

ライフカードのキャッシングについて知りたい

ライフカードのキャッシングで重要となる、金利、限度額、利用条件などについて解説します。

金利について

金利は、支払い方法や利用額によって変わります。ライフカードの場合、100万円未満の借入で年率18.0%、100万円以上の場合15.0%です。ちなみに、ライフカードゴールドの場合は支払い方法や利用額を問わず、一律13.505%が適用されます。

限度額について

カード総利用枠は、10万円~200万円です。これは、ショッピング枠とキャッシング枠の合算総額で、内訳は審査によって決まります。学生専用カードのキャッシング利用限度額は、最大で10万円となります。

利用条件について

  • 日本国内に住まいがある方
  • 年齢が18歳以上の方
  • 電話連絡が可能な方
  • 規約などに同意いただける方

18歳以上であれば、大学生・短大生・専門学校生でも、学生専用ライフカードに申込みが可能です。ただし、未成年の申し込みは親権者の同意が必要となります。

自分に与えられた限度額や金利を確認する方法

ライフカードでキャッシングする際、限度額や金利を確認しておくことが重要です。限度額の確認は、インターネットや電話から行えます。インターネットの場合、会員サービス「LIFE-Web Desk(ライフウェブデスク)」で可能です。LIFE-Web DeskへのログインIDは、手続き後にメールで通知されるのでしっかり確認しておきましょう。

電話の場合、ライフカードインフォメーションセンターで確認が可能です。
どちらの方法も、限度額の他にポイント数や利用明細などの確認もできます。

また、金利については前述の通り、100万円未満の借入なら年率18.0%、100万円以上なら15.0%とわかりやすいのでメモなどに記録しておくと便利です。

キャッシング枠の審査基準

ライフカードのキャッシング機能を利用するには、審査に通過しなくてはいけません。ショッピング枠とキャッシング枠は審査が別なので、それぞれ承諾される必要があります。

審査基準で重要なのが、「継続した安定収入」と「信用情報」です。

クレカの場合、月々の返済が低いことが多いので、カードローンほど年収が重要ではないと考えられます。きちんと毎月返済できると判断されればほとんど問題ありません。

信用情報とは、個人信用情報機関(CICなど)に記録された借入や返済などの個人情報のことです。これにより、過去に返済遅延などの金融事故が確認されなければ問題ありません。

また、クレカは総量規制の対象となります。そのため、他行の限度額を含めて、年収の1/3以上の貸し付けを個人に行うことができません。例えば、年収が150万円の場合、60万円の限度額を希望しても承諾されません。年収の1/3以下になるよう計算してから申し込む必要があります。

限度額を増やす方法

ライフカードのキャッシング限度額を増やすには、利用可能枠の増額を申込みます。海外旅行や高額な買い物などに備え、限度額は大きいほど心強いものです。 ただし、増枠にも審査が必要で、信用情報の記録が照合されます。契約時だけでなく増枠審査でも重要となるので、「審査に通過してしまえば多少の遅延があっても大丈夫」などと思っていると審査に影響する可能性があります。

増枠の申し込みは、インターネット、電話、郵送による申し込みが可能です。ネットからなら、LIFE-Web Deskで24時間365日申込み可能です。

借入方法

ライフカードの借入する方法について解説します。借り入れはATMからの引き出しや、振込などに対応しています。カード利用可能額の範囲内なら何度でも繰り返し利用することが可能です。

ATMで借入(キャッシング)する流れ

  1. 提携ATMにクレカを挿入
  2. 画面上のメニューで【「クレジットカード」「お借入」「ご融資」「お引き出し」】などから選択 ※ATMによっても表現が変わります。
  3. 暗証番号を入力
  4. 借入金額を入力
  5. 返済方法を選択(一括払い/リボ払い)
  6. カード、明細、現金を受け取る。

ATM手数料や最低借入額

ATMからキャッシングする場合の手数料は、10,000円以下の場合100円(税別)、10,000円を超える場合 200円(税別)かかります。

最低借入額は1万円以上で、1万円単位で自由に決めることができます。

利用できるATM

銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行などの提携金融機関やコンビニ・スーパーマーケットなどに設置しているATMの利用が可能です(国内14万台以上)。「LIFE CARD」のマークが目印です。

また、利用時間や返済方法(一括払いもしくはリボ払いなど)によっては利用できない場合があるので事前確認が必要です。

返済方法

ライフカードでキャッシングしたお金を返済する方法について解説します。支払方法は、1回払いもしくはリボ払いから選択することができます。事前にホームページ上に設置された返済シミュレーションで返済額を確認するのも良いでしょう。

返済方法は、口座からの自動引き落としや振込などに対応しています。返済日は、月末締め翌月27日もしくは翌々月3日のうちいずれかです。また、口座振替手続きが完了されていない場合、請求月の月末までに振込みで返済する必要があります。

最低返済額は、前月末時点での残高によって変わります。残高1円~20万円の場合、10,000円が最低返済額となります。20万円〜40万円までは20,000円、以後20万円増えるごとに10,000円ずつ返済額が増額されます。

実質年率18.0%で 50万円を借入した場合、返済回数41回で返済総額627,223円となります。利息だけで12万円以上にもなってしまうため、繰り上げ返済の利用がおすすめです。

繰り上げ返済は、残額を一括返済もしくは一部入金する方法があります。いずれも入金の事前連絡が必要で、それぞれ申し込み方法が異なります。
一括返済の場合は自動音声にて誘導に従いましょう。一部入金の場合は事前に、振込予定日や入金内容などを電話でオペレーターに連絡する必要があります。
事前連絡は、振込予定日の1週間前から当日まで受け付けています。WEBサービスからの手続きはできないので注意が必要です。

ライフカードで海外キャッシングをする方法

ライフカードを利用して海外キャッシングすることができます。海外旅行や出張で急に現金が必要になった場合にとても便利です。空港や駅、銀行などに設置されているATMから、現地通貨をキャッシングすることができます。

海外ATMで借入した金額の支払方法は、原則1回払いです。ただし、事前に海外キャッシングの支払方法の変更手続きをすればリボ払いにすることができます。変更手続きは、ライフカードインフォメーションセンターを通じて行えます。

カードローンとの違いとおすすめの使い分け方法

クレジットカードとカードローンはそもそもの使用目的が違います。クレカは基本的にはショッピングに使うためのものであり、借金に使うのはカードローンの方が向いています。

クレカの場合、ショッピングや食事などの立て替え利用で一括払いを選択すれば利息がつきません。海外でのショッピングの利用が多い方の場合、カードローンよりもクレカがおすすめです。

その反面、一括では返済できない金額の借入が多いならカードローンがおすすめです。なぜなら、長期の分割払いとなった場合、金利の違いが利息に大きく影響するからです。カードローンならクレカよりも低金利であることが一般的なので利息を大幅に節約することができます。

キャッシングができない理由と対応策

ライフカードでキャッシングができない場合の理由について考えてみましょう。原因として考えられるのが、すでに限度額を使ってしまっている可能性です。キャッシング枠というのはショピング枠を使いすぎるとなくなってしまいます。そのため、カードで買い物をしすぎてしまった場合は使えない場合があるのです。

そうした時は、繰り上げ返済で枠を空けるか次の支払日まで待つかのどちらかです。10万円返済すれば10万円まで借りれるようになりますし、返した分だけ枠に余裕が生まれます。使いすぎていないか、一度利用明細を確認してみましょう。

もし、利用できない理由が追求できない場合には、クレカのコールセンターのオペレーターに電話で確認することも検討しましょう。

まとめ

ライフカードのキャッシングについて解説しました。もう一度ポイントをおさらいしましょう。

  • ライフカード年会費無料
  • ポイント還元率が業界最高峰
  • 学生でも利用できる
  • 審査基準は「継続した安定収入」と「信用情報」
  • 増枠の申し込みが可能
  • 海外キャッシングは分割払い可能

ライフカードについてもっと知りたいなら資料請求がおすすめです。クレカは、種類によっても優遇サービスが異なります。自分が必要とする要素がたくさんあるクレカを厳選してから申し込みましょう。

ページの先頭へ